市場調査・競合調査

調査会社(市場調査)の営業代行を通じて、大手からフリーのリサーチャー約20社100名の リサーチネットワークを構築しています。

リサーチネットワーク  調査手法  調査レポート(エビデンス)  調査対象エリア  料金  調査実績(国内)  調査実績(海外)  調査事例 

 リサーチネットワーク

約20社100名のリサーチャー(調査員)のネットワークを構築しています。



リサーチ案件に応じて、調査員をアサインするので、あらゆる分野のリサーチが可能。
コスト的も柔軟に対応できます。

 調査手法

ヒアリングベースの調査を実施します。
具体的には、三点調査法ベースにしています。
※三点調査法とは、立場の違う三者からヒアリングし、情報精度を高め、裏づけをとる調査手法です。


 調査レポート(エビデンス)

どういう担当者にヒアリングして、どういう情報を得たかをご報告させていただきます。
ただし、バイネームでのご報告はいたしません。

 調査対象エリア

・日本全国
・海外(米国、欧州、東アジア、東南アジア)
 海外については、特に東アジア、東南アジアを得意としています。

 料金

5万円(税別)~
案件毎に御見積します。

 調査実績(国内)

● 国内ご指定3社におけるバックフォー販売実績・実態解明調査
● ご指定8社におけるゴミ袋販売実績・実態解明調査
● ご指定5社のアルミニウムダイカスト溶解炉・加熱炉に関する調査
● 小規模発電機器の商品マーケット解明調査
● バイタルセンサーを用いたヘルスケアサービスのベンチマーク調査(一部海外含む)
● ご指定企業1社における開発体制解明調査
● ご指定セキュリティー企業における販売組織・実績・実態解明調査   など

 調査実績(海外)

● 米国におけるホテル向け ソリューション市場実態解明調査
●  タイ王国における輸入農作物流通解明調査
● ご指定企業1社における光ファイバー線路監視システムに関する調査
● 中国企業3社における指定農薬原料調達・販売実態解明調査
● タイ・ASEAN・インドにおける指定企業における工業用印刷機販売実態解明調査
● 欧州メーカー3社における工業用機械販売実態解明調査
● 北米市場におけるカーステレオおよびカーナビゲーションの市場実態解明調査
● 中国・アメリカ・スウェーデン・フランスにおける介護制度・サービス実態解明調査 など

 調査事例

家電量販マーケットにおける万引防止サービスのニーズ調査
競合他社の販促・プロモーション(Web、広告、店頭)に関する調査
新製品に対する「日本初」のエビデンス調査

家電量販マーケットにおける万引防止サービスのニーズ調査

調査対象
家電量販店 大手7社
調査項目
①万引き・盗難の損害状況(年々増えているかどうかも含めて)
②万引き・盗難の具体的内容
  ※どんな人たちがどんなやり口で万引き・盗難を行っているか?
③万引き・盗難に対する対策
  ※何か万引き・盗難防止の製品などを使用しているか?
  ※使用している場合はその商材名
④万引き・盗難に対する対策の効果(対策は聞いているか?)
⑤今後の万引き・盗難対策
ヒアリング先および方法
ヒアリング先   : 現場スタッフおよび本社スタッフ
調査取材方法   : 直接訪問取材、電話取材によるヒアリング
レポート出力形態 : A4サイズ(横)パワーポイントレポート

競合他社の販促・プロモーション(Web、広告、店頭)に関する調査

調査対象
ご指定 競合3社
調査項目
1.企業概要(本社所在地、設立、資本金、代表者名、取締役数、従業員数、主な事業内容、従業員数など)

2.対象商材サービス内容
    1)対象製品と取り扱いチャネルの内容
    2)サービス内容や価格、取引条件など

3.対象サービス組織体制とマンパワー

4.販売実績(取り扱いチャネル)およびシェア
    ※昨年・今年の実績および、翌年計画値(シェアは、あくまで自社認識シェア)

5.販売プロモーション施策・プロモーション(Web、広告、店頭)とその効果(WEB施策、リアル施策いずれも対象)
    1)施策方法や内容
    2)実施後の効果認識(指標と具体的な評価)
    3)コスト投下状況(おおよそどのくらいの予算をかけているか?)
    4)今後のプロモーション計画(バリエーションや方法、内容)

6.今後の営業戦略と営業戦術
    1)事業全体の戦略概況(戦略テーマや方針、取り組みポイントなど)
    2)取り扱いチャネル別の戦略や取り組み
    3)競合と考えている企業と対抗策
7.上記調査をもとに、御社実施プロモーション・施策のご提案
ヒアリング先および方法
ヒアリング先   : 経営企画部門、事業部門、営業部門、管理部門(広報)など
調査取材方法   : 直接訪問取材、電話取材によるヒアリング
レポート出力形態 : A4サイズ(横)パワーポイントレポート

新製品に対する「日本初」のエビデンス調査

調査目的
新しい製品の広告掲載を行うにあたり、「日本初」という表記をするため
調査対象
類似製品を販売する国内製造メーカー 20社
調査項目
メーカー名
現在の製品名
日本初に対する項目の取り扱い有無
今後の発売予定
ヒアリング先および方法
<調査取材方法>   : 調査対象企業への直接電話・メールヒアリング
<レポート出力形態> : Excel
<調査期間>     : 10日間


ご提案・お見積りは無料です。
お客様のやりたいことをヒアリングして、最適な調査方法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。ご相談はこちらへ