競合調査 by itcore。意義。サービスの特徴。サービス概要。詳細事例。お見積り・ご相談。参考サイト、他社競合調査サービス。参考図書。著名な人物。用語集

[to index]
競合調査の意義について
競合調査は「知恵の流通を図り、業界全体の発展を図るシステム」です。

競合調査というと何だか怪しくて良くないことと思っていませんか?
確かに局所的に見ればそのような見方もできるかも知れません。
しかし大局的立って考えれば、人類にとって貢献するための
「知恵の流通を図るシステム」であるとも言えます。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」とは
古代中国の兵法家「孫子」の言葉です。

現代のビジネスでも、競合相手の強み弱みをよく知り、
また自社の強み弱みを自覚することで、
より良いビジネスの戦略を生むことができます。

また現在のビジネスでは、必ずしも相手を打ち負かすことが目的ではなく、
あくまで自社のビジネスを拡大すること、
そのためには相手とうまく棲み分けしていく、
あるいは相手と一緒にマーケットを大きくしていく、
といった戦略も考えられます。

つまり競合調査は、お互いの知恵をゆるやかに共有することで、
業界全体の発展を図る取り組みでもあると言えます。

セクショナリズムという言葉はご存知だと思います。
対する考え方としてオープンソース文化というものもあります。
己が生み出した知恵とノウハウは当然己の利益として然るべきですが、
いずれは人類共通の財産として育てていくことが大切です。

競合調査の目的は、短期的な自社の戦略立案と、
長期的な業界発展のための知恵の共有である、
とITコアでは位置づけています。
[to index]
ITコア競合調査サービスの特徴
 ITコア競合サービスの最も大きな特徴は「他社では不可能な核心にせまる深い調査が可能である」という点にあります。
 「そんなことが聞けるのか?」とお客様から聞かれることも良くあります。
 独自のルートと手法により、他社では不可能と言われる調査も実現しています。
 もし深い調査を行いたい場合は、納期に余裕を持ってご依頼いただくことが成功のカギです。
 競合に関する貴重な情報が得られたときには、是非自社の利益だけでなく業界全体が発展するためにもお役立てください。
 まずはITコア営業にお気軽にご相談ください。どんなことができるのか、無料でいろいろアドバイスさせていただきます。
[to index]
お見積り・ご相談
ご提案・お見積りは無料です。
お客様のやりたいことをヒアリングして、最適な調査方法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。ご相談はこちらへ
[to index]
サービス概要
[to index]
リサーチネットワーク
大手・中小からフリーのリサーチャー(調査員)約20社100名の リサーチネットワークを構築しています。


リサーチ案件に応じて調査員をアサインしますので、あらゆる分野のリサーチが可能です。コストも柔軟に対応できます。
[to index]
調査手法
ヒアリングベースの調査を実施します。具体的には、三点調査法ベースにしています。
※三点調査法とは、立場の違う三者からヒアリングし、情報精度を高め、裏づけをとる調査手法です。


[to index]
調査レポート(エビデンス)
どういう担当者にヒアリングして、どういう情報を得たかをご報告させていただきます。
※ただし、バイネームでのご報告はいたしません。
[to index]
調査対象エリア
・日本全国
・海外(米国、欧州、東アジア、東南アジア)
※海外については、特に東アジア、東南アジアを得意としています。
[to index]
料金
5万円(税別)~
※案件毎に御見積します。
[to index]
調査実績(国内)
  • 国内ご指定3社におけるバックフォー販売実績・実態解明調査
  • ご指定8社におけるゴミ袋販売実績・実態解明調査
  • ご指定5社のアルミニウムダイカスト溶解炉・加熱炉に関する調査
  • 小規模発電機器の商品マーケット解明調査
  • バイタルセンサーを用いたヘルスケアサービスのベンチマーク調査(一部海外含む)
  • ご指定企業1社における開発体制解明調査
  • ご指定セキュリティー企業における販売組織・実績・実態解明調査
など
[to index]
調査実績(海外)
  • 米国におけるホテル向け ソリューション市場実態解明調査
  • タイ王国における輸入農作物流通解明調査
  • ご指定企業1社における光ファイバー線路監視システムに関する調査
  • 中国企業3社における指定農薬原料調達・販売実態解明調査
  • タイ・ASEAN・インドにおける指定企業における工業用印刷機販売実態解明調査
  • 欧州メーカー3社における工業用機械販売実態解明調査
  • 北米市場におけるカーステレオおよびカーナビゲーションの市場実態解明調査
  • 中国・アメリカ・スウェーデン・フランスにおける介護制度・サービス実態解明調査
など
[to index]
お見積り・ご相談
ご提案・お見積りは無料です。
お客様のやりたいことをヒアリングして、最適な調査方法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。ご相談はこちらへ
[to index]
詳細事例
[to index]
家電量販マーケットにおける万引防止サービスのニーズ調査
調査対象家電量販店 大手7社
調査項目 ①万引き・盗難の損害状況(年々増えているかどうかも含めて)
②万引き・盗難の具体的内容
 ※どんな人たちがどんなやり口で万引き・盗難を行っているか?
③万引き・盗難に対する対策
 ※何か万引き・盗難防止の製品などを使用しているか?
 ※使用している場合はその商材名
④万引き・盗難に対する対策の効果(対策は聞いているか?)
⑤今後の万引き・盗難対策
ヒアリング先および方法 ヒアリング先  :現場スタッフおよび本社スタッフ
調査取材方法  :直接訪問取材、電話取材によるヒアリング
レポート出力形態:A4サイズ(横)パワーポイントレポート
[to index]
競合他社の販促・プロモーション(Web、広告、店頭)に関する調査
調査対象ご指定 競合3社
調査項目 ①企業概要
・本社所在地、設立、資本金、代表者名、取締役数、従業員数、主な事業内容、従業員数など
②対象商材サービス内容
・対象製品と取り扱いチャネルの内容
・サービス内容や価格、取引条件など
③対象サービス組織体制とマンパワー
④販売実績(取り扱いチャネル)およびシェア
・昨年・今年の実績および、翌年計画値(自社認識シェア)
⑤販売プロモーション施策・プロモーション(Web、広告、店頭)とその効果(WEB施策、リアル施策いずれも対象)
・施策方法や内容
・実施後の効果認識(指標と具体的な評価)
・コスト投下状況(おおよそどのくらいの予算をかけているか?)
・今後のプロモーション計画(バリエーションや方法、内容)
⑥今後の営業戦略と営業戦術
・事業全体の戦略概況(戦略テーマや方針、取り組みポイントなど)
・取り扱いチャネル別の戦略や取り組み
・競合と考えている企業と対抗策
⑦上記調査をもとに、御社実施プロモーション・施策のご提案
ヒアリング先および方法 ヒアリング先  :経営企画部門、事業部門、営業部門、管理部門(広報)など
調査取材方法  :直接訪問取材、電話取材によるヒアリング
レポート出力形態:A4サイズ(横)パワーポイントレポート
[to index]
新製品に対する「日本初」のエビデンス調査
調査目的新しい製品の広告掲載を行うにあたり、「日本初」という表記をするため
調査対象類似製品を販売する国内製造メーカー 20社
調査項目 メーカー名
現在の製品名
日本初に対する項目の取り扱い有無
今後の発売予定
ヒアリング先および方法 <調査取材方法>  :調査対象企業への直接電話・メールヒアリング
<レポート出力形態>:Excel
<調査期間>    :10日間
[to index]
パーツ2次商社における原価・利益構造解明調査
調査目的各地域におけるパーツ2次商社の原価・利益構造を解明し、現状の御社の立ち位置を確認するためのバックデータとする。
調査対象 ・業務用パーツ2次商社 各エリア1社 合計5社
※過去に何度か類似商社の調査を行ったことがございます。
・対象商材は業務用パーツ
調査項目 ①企業フェイスシート(一般的な会社概要)
②該当パーツ販売実績(金額・数量) 過去3年実績、本年見込み、翌年予測
③主な販売先と販売実績(販売先は5~10社程度)
※具体例。どこの企業にどのパーツをいくらで販売しているか?
④仕入先と仕入れ原価および仕切り価格(ご指定15種を調査。
※どの種類のパーツをどこからいくらで仕入れているのか?
※いくらで販売しているか?利益はいくらぐらいとっているのか?(末端ユーザーへの販売価格はいくらか?)
⑤その他トピックス(何かあれば)
ヒアリング先および方法 <調査取材方法>  :調査対象企業への直接取材ヒアリング
<レポート出力形態>:A4サイズExcelおよびパワーポイントレポート
[to index]
農業用化学製品の市場実態解明調査
調査目的 農業用化学製品を海外から輸入して日本国内で販売するにあたり、
市場規模や競合、エンドユーザーの状況を把握したい。
調査対象 該当マーケットでのシェア1位と思われる企業
シェア1位企業のデータより市場規模を推定する。
調査項目 ①日本国内における市場規模(金額ベース・過去5年)
②日本国内における市場規模タイプ別内訳(金額ベース・過去5年)
③日本国内におけるBtoB、BtoC別内訳
④日本国内におけるBtoBシェア
⑤ターゲット企業のエンドユーザー
⑥ターゲット企業の今後の営業戦略
ヒアリング先および方法 <調査取材方法>  :ターゲット企業への直接取材
<レポート出力形態>:A4サイズExcelおよびパワーポイント
[to index]
同業種指定2社の給与体系制度調査
調査目的 自社の給与体系を見直すために、
業績を上げている同業種同規模企業の給与体系を参考にしたい。
調査対象 指定2社
調査項目 ・賃金、給与制度(営業、内勤スタッフ)
・賞与基準
・昇格、降格基準
・手当て
・福利厚生
・営業職評価制度
・等級、階級
調査方法 個別デプスインタビュー調査
納品形態 パワーポイント
[to index]
競合メーカー企業の修理料金解明調査
調査目的 自社の修理サービス費用について、他社の費用を参考にして改善したい。
調査対象 指定5社
調査項目 ①主要修理の費用体系
②特定修理内容・金額(工料(技術料)+部品代+出張費)
・機器A業務用  8項目
・機器A家庭用 10項目
・機器B     5項目
・機器C     3項目
・機器D     4項目
※技術料、部品代、出張料は分離して報告を致します。
※調査する修理金額は、エンドユーザーへの請求金額(EU価格)を調査致します。
(販売店価格(EU価格から値引きされている金額)ではありません)
※出張費は、標準出張料を調査致します。
③トピックス
調査方法 個別デプスインタビュー調査
納品形態 Excelおよびパワーポイント
調査期間 調査開始後約35日
[to index]
建築業界における業務提携・M&Aのための調査・発掘
調査目的 事業拡大のために業務・資本提携の可能性がある業態・企業を調査・発掘する。
調査1 調査対象
東京・神奈川における交通警備員が300~1000名在籍する警備会社
※全国警備協会会員の697社を対象
調査項目
① 在籍交通警備員数
※ 300~1000名在籍する警備会社のみ②以降を調査
② 在籍警備員の年齢構成
③ 資格保有者の人数
④ 金額(一般/有資格者)
⑤ 警備対象地域
⑥ 条件(人数変更/他警備との合同/規定人数からの増員/無線機/試行)
⑦ 会社概要
⑧ 財務状況(直近3年売上/直近3年営業利益/直近3年経常利益/自己資本比率)
調査2 調査対象
商業系に強い建設会社(2~3億程度の物件を建設している建設会社)
大手流通企業6社への調査から、目標30社の建設会社を抽出致します
調査項目
①大手流通企業6社への調査から、商業系に強い中堅・中小のゼネコンをリストアップ30社
②上記30社の企業フェイスシート(財務状況と商業系企業の主要取引先営業マンパワー含む)
調査3 調査対象
工務店指定3社
調査項目
①企業フェイスシート(財務状況とトピックス含む)
②企業の強み・弱み
③M&Aもしくは業務提携した場合のメリット・デメリット
調査4 調査対象
ベトナムに拠点のある日系企業
① 足場業 2社
② 内装業 2社
③ 防水施工業 2社
④ 左官業 2社
調査項目
①企業フェイスシート(財務状況とトピックス含む)
②企業の強み・弱み
③M&Aもしくは業務提携した場合のメリット・デメリット
調査方法 デスクリサーチおよび対象企業への直接取材(デプス)
納品形態 A4サイズExcelおよびパワーポイントレポート
[to index]
大手商業チェーンに対する店舗建設の受注戦略調査
調査目的 継続的に新規出店する大手商業チェーンから数億円規模の店舗建設を受注したい。
調査対象 指定3社(複数ブランド 合計5000店舗規模)
調査項目 ① チェーン別(ブランド別)に店舗施工を行っている企業の抽出
② 店舗建設時の業者選定方法
③ 今年の店舗建設予定数および数億円規模の建物件数
④ どうしたら数億円規模の建設物件を受注できるか?
調査方法 デスクリサーチおよび対象企業への直接取材(デプス)
納品形態 A4サイズExcelおよびパワーポイントレポート
調査期間 ご発注より40日程度
[to index]
海外進出のための業務提携もしくはM&Aの実現性調査
調査目的 ベトナムに進出するために、既に実績のある日系企業の現地法人との、業務提携もしくはM&Aの実現性を調査する。
調査対象 ベトナムに拠点のある日系企業8社 
調査項目 ①企業フェイスシート(財務状況とトピックス含む)
②企業の強み・弱み
③M&Aもしくは業務提携した場合のメリット・デメリット
 現地にて人材の受け入れができるか。
調査方法 デスクリサーチおよび対象企業への直接取材(デプス)
納品形態 A4サイズExcelおよびパワーポイントレポート
調査期間 ご発注より40日程度
[to index]
今後の経営・事業展開のための競合調査
調査目的 競合他社の今後の事業展開および販促・集客方法の実態を解明し、今後の経営・事業展開のためのバックデータとする。
調査対象 特定税理士法人(グループ含む)の相続税関連サービス
調査項目 ①組織体制と役割(マーケティング組織・体制)
②営業戦略・戦術(セミナー含む)
③サービス内容の詳細(実態)
調査方法 対象企業への直接取材
納品形態 A4サイズExcelおよびパワーポイントレポート
調査期間 ご発注より40日程度
[to index]
お見積り・ご相談
ご提案・お見積りは無料です。
お客様のやりたいことをヒアリングして、最適な調査方法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。ご相談はこちらへ
[to index]
参考サイト、他社競合調査サービス
Noタイトル特徴、内容
1自社分析・競合調査のやり方とポイント、運用型広告ではどこに着目すべきか?リスティング広告やFacebook広告をどのように始めたら良いか。
3C分析を行う。ファイブフォース分析を行う。競合に劣る訴求をしない。
不要な広告訴求を削る。代替品を洗い出す。主要な検索キーワードを把握しておく。
競合分析シートを作る。口コミ分析をしてペルソナ設計を行う。見える化してPDCAを早く回す。
2競合調査活用の3つのポイント~やり方、項目、費用までを5事例と共に競合調査の役立て方。調査の目的を明確にする。調査の対象を明確にする。
調査の内容を明確にする。ビジネスモデルを調べる。商品・サービスを調べる。
商流を調べる。コスト構造を調べる。販売戦略を調べる。自社の状況を捉える。
3競合調査におすすめのWeb分析ツール9選!競合サイトのアクセス数を知る( eMark+SimilarWeb
SEO対策を知る( SEOチェキGyro-n SEO)
サービスを知る( Ghostery
サーバー構成を知る( built with
品質やサーバーパフォーマンスを知る( WEBSITE GRADERGTmetrixPage Speed Insights
4競合調査の方法とは。『敵を知る』ことから『差別化』が始まる差別化とは何か(コンビニ業界。美容院。飲食店)
飲食業界の競合調査チェックリスト。
基本情報(業時間 定休日 店舗面積 席数等)
商品情報(品揃えメニュー数 目玉商品 重点商品 価格 品質 お持ち帰り商品)
立地情報(駐車場台数 駐車場面積 建物面積 建物間口 入口間口 侵入性 視認性 回遊性 立地要件等)
接客情報(店内スタッフ人数 接客技術 スピード 商品知識 販売力 店舗面積当人数)
宣伝広告情報(広告宣伝媒体 宣伝回数 宣伝エリア 大きさ 宣伝内容 再来店策等)
ロイヤリティ(営業歴 知名度 イメージ等)
5競合調査は「目の前にいる競合が今何をしているか」だけではない次に「世の中に」何が起きるかを予測する。
ポーターのファイブフォース分析「競争企業間の敵対関係」「新規参入業者の脅威」「代替品の脅威」「供給企業の交渉力」「買い手の交渉力」全てが調査の対象。
長期的・継続的に取り込む。行動を起こす。
幹部クラスやエリートクラスが主導して行う。
守る手段を考える。完璧な予測はできない。
6競合分析をする前に知っておくべき「基本姿勢」と「競合を読む2つの問い」トリプルメディア(オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディア)のプランニング
自社顧客を定義する。いつ、どういう文脈で、どんなメッセージを伝えるかを考える。
「仮説→検証→仮説の再構築」を繰り返す。
自分の見立ては現実とは大きく異なっている可能性がある。
仮説を実際のデータと照らし合わせ、検証する。
SimilarWeb PROは「検証」を行うことに長けているツール
ユーザーが同一セッションでどのサイトを訪問しているかがわかる
「利用者の興味」分析機能で自社サイト/競合サイトの顧客像を検証できる。
「競合を探す」機能で競合のトラフィック設定を検証できる。
競合データを見る視点。
1.「なぜ、そんなことをするのか?」=競合の目的を理解する
2.「なぜ、そんなことができるのか?」=競合の資源を理解する
7競合調査なら、ライバル企業を丸裸にするディー・クエストの競合調査多種多様な調査実績。覆面インタビュー。結果のコミット。グローバル対応。納得できない結果は補足調査。
資産、負債、財務情報、風評、動向(販売戦略・販売体制、組織構造、ビジネスモデル。
契約の流れ、調査フロー、対応エリア、クライアント様、パッケージ、カスタマイズ、過去の事例、報告書サンプル
8【インターネットリサーチ用語集】競合調査競争する企業、商品、事項
売上、利益、生産性などのパフォーマンス
販路、流通プロセス、店舗立地、売場、来客数
ホームページ内容、レイアウト
直接調査、側面調査、ネット調査、競合ユーザーアンケート
9Web版3C分析の『競合調査』の目的と、効果的な方法について競合調査の目的、種類(WEBとリアル)、方法。
ライバルが自社より優れている部分をみつけだす。
ジツザイ化、項目の洗い出し、カテゴリまとめ、調査ポイント、採点。
ユーザーの視点に立ち、ユーザーが求めている情報を探す。
10競合調査・競合分析の方法 | Don't Think ACT!売れる商品はどんな企画書から生まれたのか?
優れたサービスをつくる方法
ライバル企業や競合サービスはどこか?
具体的にどんな戦略でどのような特徴を持っているのか?
バリューカーブ、自社のオリジナリティ
11競合調査の進め方や注意点とは?差別化とは何のことか?詳しく解説!1.競合調査とは?
 競合調査の本当の目的とは、次に何が起こるのかを予測し、行動に移すこと。
2.競合調査において覚えておいてほしい点
 データを集めるだけが調査ではない。競合調査は、長期間・断続的に行うこと。調査対象は競合会社だけではない。競合調査の本当の目的
3.競合調査の進め方
 比較する項目を選出する。比較項目をカテゴリ別にまとめる。比較項目ごとに採点する。
4.競合調査においての「差別化」とは?
 コンビニ業界。美容院業界。飲食業界
12“比較”される時代だからこそ競合分析が重要!無料で使える分析ツール7選競合がいないと思っていませんか?
競合他社の見つけ方
・ターゲットの明確化
・キーワードの整理
・検索ボリュームの調査
無料で使える競合分析 ツール7選
・SEOチェキ! http://seocheki.net/
・TACT SED https://tact-seo.com/
・SEO アクセス解析ツール http://www.seotools.jp/001_seoanalyze/
・Similarweb https://www.similarweb.com/ja
・eMark+ https://www.valuesccg.com/
・Ghostery https://www.ghostery.com/
・インターネットアーカイブ https://archive.org/index.php
13日経バリューサーチの機能収録コンテンツ
 国内・企業情報、海外・企業情報、新聞・ニュース、人物・人事異動情報、業界統計、業界・トレンド情報
専任分析チームが提供する独自の業界・トレンド情報
 業界概要、業界構造、市場規模、業界トレンド、競合環境、日経 Bizトレンド
充実した分析機能とサポート
 競合比較レポートの作成、ターゲット企業の抽出、講習会・ワークショップ
SFA連携
 取引先を知る、新規開拓、営業契機を逃さない
作業を効率化する様々な機能
 豊富なアドインで業務負荷を減らせる、人事情報・キーパーソンを把握する、企業分析レポートを短時間で作成できる、設定済みシナリオからスクリーニングができる
14【法人向け】アンケート調査・マーケティングリサーチなら『マクロミル』ネットリサーチ(インターネット調査)国内実績No.1。
インターネットリサーチ、海外市場調査、グループインタビュー、会場調査など、マーケティング課題解決のための市場調査。
総数200万人超のネットリサーチモニタとノウハウに基づく幅広いソリューション。
15クロス・マーケティング : ネットリサーチ・アンケート調査のリサーチ会社ネットリサーチアンケート調査、海外調査、学術調査
商品・サービス開発、市場・生活ニーズ、広告プロモーション、ブランド・既存商品
消費動向に関する定点調査、働き方改革に関する調査
セルフ型アンケートツール QiQUMO
分析プラットフォーム構築支援 BI Cross
16Nint for Research - ECマーケットのトレンドを分析するデータサービスNint for Researchは、EC市場で何がどこでどのくらい販売されているか分析できる革新的なデータサービスです。
楽天,Amazon,アマゾン,ヤフーショッピング,市場調査,EC市場,ECデータ
市場の動向を把握してEC投資計画に活用、特定ジャンルにおける自社のシェア把握、人気商品のトレンドを把握して商品戦略に活用、競合メーカー比較
Yahoo!ショッピングに出店する方法(ストアクリエイターproの使い方ガイド付)
楽天お買い物マラソン・楽天スーパーセール徹底解説!
コンバージョンとは?コンバージョン率の計算式もゼロから解説
17お問合せポータル 競合調査開設13年目 ご相談実績186、000社突破(2019年7月時点)
競合調査無料一括見積もり・問い合わせ
調査・リサーチの無料相談・紹介を行うビジネスコンシェルジュサービスです。
「どこに依頼すればいいのか分からない」を解決致します。
目的に合う競合調査会社をご紹介
競合調査会社一覧
18一括見積もり リサーチ・市場調査 erabu無料でしっかり比較 一括見積もりサイト
登録業者一覧 競合調査、市場調査、ほか、
とことんその1 優良な業者を集めています。
とことんその2 erabu事務局からお伝えします。
お客様の声
入力代行サービス
19インターネットリサーチ会社比較サポーター【主要20社以上から厳選】無料一括見積もり目的から探す 消費者アンケート(ニーズ・認知度・動向・特定エリア・満足度・若年層・高年齢)、グループインタビュー・座談会、学術調査、製品調査・サンプリング調査、ストレスチェック調査、特定ターゲット調査(医師・訪日外国人・アカデミック・自治体・官公庁・行政機関)、覆面調査、従業員満足度調査
手法から探す 市場調査、会場調査・会場テスト、ホームユーステスト、郵送調査
事前準備 ターゲット・目的を明確にする、調査方法ととりたいデータのイメージを考える。
ネットリサーチ会社の選定ポイント ターゲットが合うか、納期と予算、対応範囲(設計・レポート)
[to index]
お見積り・ご相談
ご提案・お見積りは無料です。
お客様のやりたいことをヒアリングして、最適な調査方法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。ご相談はこちらへ
[to index]
参考図書
Noタイトル特徴、内容
1ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件 20万部突破のロングセラー。戦略の神髄はストーリーにある。多くの事例、究極の競争優位をもたらす論理
第1章 戦略は「ストーリー」  ストーリーとしての競争戦略という視点
第2章 競争戦略の基本論理  基本論理についてその本質部分
第3章 静止画から動画へ  優れた戦略ストーリーの条件
第4章 始まりはコンセプト  「コンセプト」と「クリティカル・コア」
第5章 「キラーパス」を組み込む  持続的な競争優位の論理
第6章 戦略ストーリーを読解する  成功をもたらしたストーリー
第7章 戦略ストーリーの「骨法10カ条」  優れた戦略ストーリーを描く
2勝ち抜く戦略実践のための 競合分析手法グローバル競争の中で勝ち続ける戦略。独自の理論・観点による競合分析手法。
第1章 競争を意識した経営体質への変革 ある大手電子部品A社の120日間
第2章 なぜ競争で負けるのか 競争戦略6つの失敗要因
第3章 グローバル社会での競争戦略コンセプト 現代社会の複雑性
第4章 競争戦略企画のステップと実践方法 全体像とステップ
第5章 エコシステム・ビジネスモデルの開発 実践方法としてのアライアンス戦略
 終章 日本企業と個人の生き残りをかけた競争戦略とは 7つの提言 3つの提言
3逆転の競争戦略 競合企業の強みを弱みに変えるフレームワークグーグル。富士フイルム、iPod。豊富な事例と強み弱みのパラドックス
第1章 リーダー企業の強みは永遠か
第2章 リーダー企業はなぜ転落するのか
第3章 業界破壊者の戦略
第4章 侵入者の戦略
第5章 挑戦者の戦略
第6章 リーダー企業の対応策 
4コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法会計ソフト会社である駒沢商会でトップセールスになった宮前久美
「お客さんが喜ぶ商品を創り出したい」という想いを実現させるために商品企画部へ異動を申し出る。
しかしそこで出会った与田誠に突きつけられたのは、「顧客絶対主義」の落とし穴だった。
彼女は日本企業が抱える課題―「高品質・多機能、でも低収益」から脱却できるのか?
MBAマーケティング理論が学べる商品開発ストーリー。
Round1 アメリカの鉄道会社はなぜ衰退したのか? 事業の定義
Round2 「お客さんの言いなりの商品」は売れない? 顧客絶対主義の落とし穴
Round3 顧客の要望に100%応えても0点 顧客満足のメカニズム
Round4 値引きの作法 マーケットチャレンジャーとマーケットリーダーの戦略
Round5 キシリトールガムがヒットした理由 バリュープロポジションとブルーオーシャン戦略
Round6 スキンケア商品を売り込まないエステサロン 競争優位に立つためのポジショニング
Round7 商品を自社で売る必要はない チャネル戦略とWin‐Winの実現
Round8 100円のコーラを1000円で売る方法 値引きの怖さとバリューセリング
Round9 なぜ省エネルックは失敗してクールビズは成功したのか コミュニケーションの戦略的一貫性
Round10 新商品は必ず売れない? イノベーター理論とキャズム理論
エピローグ 終わりなきマーケティング競争 
5白いネコは何をくれた?マーケティングは「仕事」「恋愛」「人生」を変える。
物語だからおもしろい、マーケティングがわかる!、あなたの人生を変える。
戦略BASiCS 序論 重要なことは一貫性
プロローグ 機能と同じ明日 今日がつまらないなら明日もつまらない
第1章 Battlefield失意 お前はどこで、誰と戦っているのか?
第2章 Asset決意 お前は誰か?お前らしさとは何だ?
第3章 Strength反転 お前にしかできないことは何か?
第4章 Customer仲間 お前は、誰と共にいたいのか?
第5章 Selling message決戦 お前は誰だと世の中に宣言するのか?
第6章 戦略BASiCS使命 お前の使命は何か?
理論編 戦場、独自資源、強み差別化、顧客、メッセージ、使命
あと書き&ストーリー解説 広告代理店、化粧品メーカー
6イシューからはじめよ― 知的生産の「シンプルな本質」数年に一度の問題解決の名著、ロジカルシンキングの決定版、AIとデータの時代だからこそ読みたい本
感じる力、決める力、伝える力、を見つめ直し、磨き上げる。
はじめに 優れた知的生産に共通すること 手法がある。価値あるアウトプットを一定期間内に生み出す。イシューがカギ。悩むのではなく考えて答えを出す。
■序章 この本の考え方―脱「犬の道」 根性に逃げない。噛みしめる。
■第1章 イシュードリブン 「解く」前に「見極める」 スタンスをとる
■第2章 仮説ドリブン(1) イシューを分解し、ストーリーラインを組み立てる MECEとフレームワーク
■第3章 仮説ドリブン(2) ストーリーを絵コンテにする イメージを具体化する
■第4章 アウトプットドリブン 実際の分析を進める 答えありきではない
■第5章 メッセージドリブン 「伝えるもの」をまとめる コンプリートワーク
おわりに 「毎日の小さな成功」からはじめよう ケリをつけるべきは何か
7経営戦略立案シナリオ (かんきビジネス道場) 経営者の仕事は未来、戦略を考えること。実践で使える戦略ツールを体系的にまとめたもの。腹に落ちる。
STEP1 経営戦略論の本質をつかむ 戦略は道筋、戦術は具体策
STEP2 Battlefield 戦うべき市場を決める 戦場は顧客のココロの中に存在する
STEP3 Asset&Strength 独自資源を育て強みを活かす 3つの差別化軸とプロダクトライフサイクル
STEP4 Customer すべてを顧客の「価値」に合わせる 売りたい人と提供する価値
8図解 実戦マーケティング戦略企業規模に左右されない日本流にアレンジしたマーケティング戦略方法
5つの「戦略ピラミッド」によるマーケティング目標の数値管理
はじめに 戦略の誤りは戦術で取り返せない
第1章 ピラミッドツール1 戦略BASiCS SWOT分析の使い方
第2章 ピラミッドツール2 マインドフロー ラーメン屋さんのチラシ
第3章 ピラミッドツール3 ニーズの広さ深さ ドトールとスターバックス
第4章 ピラミッドツール4 売上5原則 ドトールの単価向上策
第5章 ピラミッドツール5 プロダクトフロー 本書で「4P」が出てこないのはなぜ?
ケーススタディ ピラミッドツールの使い方 化粧品会社の事例、結果
9ことわざで鍛えるマーケティング脳 (マイコミ新書)ことわざは普遍的な真理の結晶、経営やマーケティングの本質。ビジネスに成功するためのマーケティング脳を鍛える。温故知新の最強経営戦略。
はじめに 故きを温ねて新しきを知る
一、戦場編 餅は餅屋 敵を知り、己を知らば、百戦して危うからず、所変われば品変わる、鶏口牛後
二、独自資源編 ローマは一日にして成らず、雀百まで踊り忘れず、凡事徹底
三、強み・差別化編 多芸は無芸、岡目八目、得手に帆を揚げる
四、顧客編 立場変われば人変わる、十人十色、蓼食う虫も好き好き、二兎を追う者は一兎をも得ず
五、メッセージ編 神様にも祝詞(のりと)、ものは言いよう
六、心構え編 画竜点睛を欠く、災い転じて福となす
あとがき 千里の道も一歩から できるところから始めよう
10ドリルを売るには穴を売れマーケティング業界でよく言われる言葉。商品を売るには顧客にとっての価値から考えよ。
新人マーケッターが閉店寸前のレストランを復活させるサブストーリー。
はじめに マーケティングは楽しい仕事
序章 “マーケティング脳”を鍛える 宣告
第1章 あなたは何を売っているのか? ベネフィット 屈辱
第2章 誰があなたの商品を買ってくれるのか? セグメンテーションとターゲット 奮闘
第3章 あなたの商品でなければならない理由をつくる 差別化 希望
第4章 どのように価値を届けるか? 4P 確信
第5章 強い戦略は美しい 決着
おわりに 部下を伸ばす3つの条件 ゴール設定、自由と責任、メンター
11書き込み式 マーケティング戦略実行チェック99 理論を実行可能にするチェックポイント第1章 基本と戦略のチェックポイント34
 基本と戦略、ターゲット顧客、戦場・競合、強みと差別化、独自資源、戦略の一貫性)
第2章 戦略を数値化するチェックポイント11
 戦略を数値化するマーケティングコクピット、マインドフロー、売上5原則
第3章 戦術のチェックポイント44
 戦術のチェック、マインドフロー、売上5原則
第4章 戦略戦術の一貫性のチェックポイント10
 差別化軸と4P、メッセージと媒体
ケーススタディ編 ハーレーダビッドソンのマインドフロー、コーチの売上5原則
[to index]
お見積り・ご相談
ご提案・お見積りは無料です。
お客様のやりたいことをヒアリングして、最適な調査方法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。ご相談はこちらへ
[to index]
著名な人物
No名前/経歴/主な著書
1マイケル・ポーター(Michael Porter)
経営学者。経済学博士。ハーバード大学経営大学院教授。
1947年 アメリカ合衆国生まれ
アメフト、野球、ゴルフなど運動能力も抜群
プリンストン大学航空宇宙機械工学科卒業
ハーバード大学にて経営学修士号(MBA)取得、最年少の正教授となる。
戦略コンサルティング・ファーム モニター・グループ(Monitor Group)創設
ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなど数多くの競争戦略手法を提唱
競争の戦略[新版]競争戦略論I[新版]競争戦略論II競争優位の戦略国の競争優位国の競争力日本の競争戦略医療戦略の本質
2ピーター・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)
オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人
経営学者。現代経営学あるいはマネジメント(management) の発明者。
20世紀の新しい社会原理として登場した巨大企業の社会的使命を解明。
ゼネラルモーターズ(GM)の経営方針、経営組織を社外の立場から研究。
民営化、知識労働者といった言葉を創造。
人を幸福にするために、社会(組織)の人間の分析を行った。
自己の長所(強み)やいつ変化すべきかを知り、成長できない環境から早く抜けるを提唱。
日本勲三等瑞宝章、アメリカ大統領自由勲章を授与。
2005年クレアモント自宅にて老衰のため死去(95歳)。
ドラッカー名著集 1:経営者の条件2:現代の経営 上3:現代の経営 下4:非営利組織の経5:イノベーションと企業家精神 6:創造する経営者7:断絶の時代8:ポスト資本主義社会9:「経済人」の終わり10:産業人の未来11:企業とは何か12:傍観者の時代13:マネジメント 上 14:マネジメント 中15:マネジメント 下プロフェッショナルの条件チェンジ・リーダーの条件イノベーターの条件テクノロジストの条件ネクスト・ソサエティ実践する経営者仕事の哲学 ドラッカー名言集 変貌する産業社会新しい社会と新しい経営明日のための思想明日を支配するもの 21世紀のマネジメント革命ドラッカー 365の金言ドラッカーの遺言ドラッカー わが軌跡ドラッカー20世紀を生きて―私の履歴書英和対訳 決定版 ドラッカー名言集未来企業 生き残る組織の条件未来への決断 大転換期のサバイバル・マニュアル新訳 見えざる革命 年金が経済を支配する新訳 新しい現実 政治、経済、ビジネス、社会、世界観はどう変わるか
3フィリップ・コトラー(Philip Kotler)
アメリカ合衆国の経営学者(マーケティング論)。
シカゴ大学経済学修士号、マサチューセッツ工科大学経済学博士号。
ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院教授。現代マーケティングの第一人者。
顧客のセグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング(STP理論)。
マーケティング4Pにpublic opinion(世論)・political power(政治力)を加えた6P理論。
4Pにpeople(人)・processes(プロセス)・physical evidence(物的証拠)を加えた7P理論。
近代マーケティングの父、マーケティングの神様、マーケティング教科書の神様
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメントコトラー、アームストロング、恩藏のマーケティング原理非営利組織のマーケティング戦略コトラー ソーシャル・マーケティング 貧困に克つ7つの視点と10の戦略的取組みコトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則コトラーのマーケティング・コンセプトマーケティング10の大罪コトラーのホスピタリティ&ツーリズム・マーケティングコトラーの戦略的マーケティング いかに市場を創造し、攻略し、支配するかコトラーの資金調達マーケティング 起業家、ベンチャー、中小企業のための投資家獲得戦略コトラーのプロフェッショナル・サービス・マーケティングコトラー 新・マーケティング原論 HBSシリーズ 市場戦略論社会的責任のマーケティング―「事業の成功」と「CSR」を両立するコトラーのマーケティング講義コトラーのマーケティング思考法カオティクス―波乱の時代のマーケティングと経営
4孫子 (書物)
紀元前500年。中国春秋時代。軍事思想家孫武の作とされる兵法書。
勝敗は運ではなく人為による。勝利を得るための指針を理論化。
非好戦的。現実主義、主導権の重視。
「五事」道-政治 天-自然 地-地形 将-指導者 法-制度
「七計」人心、人材(リーダ)、天地の利、軍規、軍隊力、訓練、信賞必罰
1 彼を知り己を知れば百戦して殆うからず。
2 主導権を握って変幻自在に戦え。
3 事前に的確な見通しを立て、敵の無備を攻め、その不意を衝く。
4 敵と対峙するときは正(正攻法)の作戦を採用し、戦いは奇(奇襲)によって勝つ。
5 守勢のときはじっと鳴りをひそめ、攻勢のときは一気にたたみかける。
6 勝算があれば戦い、なければ戦わない。
7 兵力の分散と集中に注意し、たえず敵の状況に対応して変化する。
新訂 孫子 (岩波文庫) 最高の戦略教科書 孫子戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス戦略の世界史(下) 戦争・政治・ビジネス中国の兵法に学ぶビジネスフレームワークまんがで身につく 孫子の兵法
[to index]
お見積り・ご相談
ご提案・お見積りは無料です。
お客様のやりたいことをヒアリングして、最適な調査方法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。ご相談はこちらへ
[to index]
用語集
No用語説明
13C分析3C分析とは、外部環境市場と競合の分析により、自社戦略を評価をする手法です。
3Cとは、Customer(市場)、Competitor(競合)、Company(自社)の頭文字です。
24C分析4C分析とは、3CにChannel(チャンネル)を加えたものです。
代理店などの販売チャネルが重要な位置を占める業界などで使われます。
3ファイブフォース分析ファイブフォース分析とは、競争要因(脅威)を5つに分類し、事業戦略を練る手法です。
バーバード・ビジネススクールのマイケル・E・ポーター教授によって開発されました。
<5つの力>
1.買い手(顧客)の交渉力
2.売り手(サプライヤー)の交渉力
3.新規参入の脅威
4.代替品の脅威
5.競争企業間の敵対関係
4ペルソナ設定ペルソナ設定とは、ターゲットとなる顧客を具体的にイメージすることです。
ある架空人物の、プロフィール・行動・価値観・ライフスタイルなどを詳細に設定することで、効果的なマーケティング戦略を考えます。
5PDCAサイクルPDCAサイクルとは、4つのプロセスを回すことで、業務の品質や生産性を継続的に改善する手法です。
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(結果チェック)→ Action(改善)
PDCAはすでに実績のある安定した業務の改善活動に有効です。
綿密な計画を立てて、実行した結果から、チェック項目(問題点)を洗い出し、
それに対応した改善行動を確実に行うことで1サイクルを終えます。
全社で足並みを揃えて行うような比較的安定したスピードの活動に向いています。
6PDSサイクルPDCAと似たもので、プロセスを3つにしたPDSサイクルという手法もあります。
Plan(計画)→ Do(実行)→ See(結果評価)
PDSサイクルは、未知で実績のない新規事業などに用いることができます。
まず仮設を立て、計画自体にあまり時間をかけず。素早く行動することを良しとします。
得られた結果を総括的に評価して仮設を修正し、速やかに次の行動につなげていきます。
高速回転により効果的でムダの少ない試行錯誤によってゴール到達が可能となる手法です。
7エビデンスエビデンスとは、宣伝文句などを事実として裏付ける「根拠」のことです。
英単語の evidence に由来しています。
例えば「業界No.1の製品です」と訴求するときに、
何を根拠に「業界No.1」としているのかをエビデンスとして提示します。
ある時期の売上シェアが1位とか、
ある調査機関の顧客アンケートで数値が1番高かったとか、
それを裏付ける事実データとその出処を明示することがエビデンスとなります。
8リスティング広告リスティング広告とは、検索連動型広告とも言い、
ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を表示する仕組みです。
インターネット初期の頃は検索とは連動しないバナー広告が主流でしたが、
現在はより効果の高いリスティング広告が主流になっています。
検索キーワードによって広告単価が異なり、
自分の予算に合わせた上限を設定することができます。
グーグル広告(旧AdWords)とYahoo!プロモーション広告(Overture)が有名どころです。
9コンバージョンコンバージョンとは、Webサイトの成果を測る指標のことになります。
例えば広告によってユーザがHPに訪問してくれたときに、
最終的に申し込みフォームを押してくれたかどうかを記録します。
その場合コンバージョン率=申込数/訪問数となり、
以下にコンバージョン率を上げるかがサイト制作者の目標となります。
10覆面調査覆面調査とは、調査員が一般来店客として店舗を訪問し、接客態度・衛生面・営業スキル等をチェックして報告する調査手法です。
特に店舗数が多い大手企業で行われ、売上向上・人材教育などに活かすことができます。
11MBAMBA(Master of Business Administration)とは、
日本語名では経営学修士といい、高度な経営学の専門職学位です。
英米圏においては実務経験のある社会人を対象としたビジネススクールが、
日本においては大学院(修士課程または専門職学位課程)が授与します。
代表的な存在としてハーバード・ビジネス・スクールが有名で著名な卒業生も多いです。
12MECE(ミッシー)MECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)とは、
集合体をある項目で重複なくかつ漏れなく分類することです。
例えば性別や年齢による分類はMECEですが、
車を所有している人・自宅を所有している人という分類は、
重複や漏れがあるためMECEではありません。
[to index]
お見積り・ご相談
ご提案・お見積りは無料です。
お客様のやりたいことをヒアリングして、最適な調査方法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。ご相談はこちらへ
ITCORE 2019