TOP ▲ itcore TOPTIPSubuntu_desktop.php

Ubuntu 17.10 日本語 Remix インストール | itcore 2017年

CentOS7 Gnomeではwine, .NETのインストールが難しかったので、ubuntuで試してみる。
安定版の16.04はXRDPが標準でインストールできないようなので、最新版をインストールする。

Ubuntuインストール OS初期設定 XRDP(windowsからRDP接続) Chromium(Chrome) gFTP Wine, Winetricks LinuxBrew(HomeBrew)パッケージマネージャ GCC(brew) トラブルシューティング

Ubuntu インストール

Ubuntu 17.10 日本語 Remix インストール
isoイメージをダウンロード
https://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1710-ja-remix
ubuntu-ja-17.10-desktop-amd64.iso

ubuntuのインストールは以下を参考にしてください。
Ubuntu Server 16.04 LTS インストール

isoから起動
ようこそ 日本語 Ubuntuをインストール
グラフィック、無線のサードパーティソフトウェアをインストールする。
ディスクを削除してUbuntuをインストール
Tokyo
日本語 日本語
ユーザ作成 yamada ※adminは使えない コンピュータ名 remix1710
再起動
Enter
ログイン

右上のネットワークアイコン(上下矢印)>接続を編集する。> 有線接続1>編集>IPv4設定
手動 IP等の設定
※IPv6は自動のままにしておく。
閉じる。
右上のネットワークアイコン(上下矢印)>ネットワークを有効にする をオフオン
pingが通ることを確認する。

不完全な言語サポート この操作を今すぐ実行する
インストール
パスワード入力
言語サポート 日本語が上にある。閉じる。閉じる。

画面を右クリック>端末を開く
# sudo -s
パスワード入力
apt-get install -y ssh

OS初期設定

ssh ログイン
# sudo -s
パスワード入力

初期設定
# vi install.sh
以下を入力。sudoのところのユーザ名は変更してください。

#!/bin/sh -x
#-------------------------
# Linux ssh IP制限
#-------------------------
F=/etc/hosts.allow
FB=${F}_`date "+%Y%m%d"`
if ! test -f $FB; then
  cp -np $F $FB
  echo ALL: 10. >> $F
  echo ALL: 192.168. >> $F
  echo ALL: 127.0. >> $F
fi
F=/etc/hosts.deny
FB=${F}_`date "+%Y%m%d"`
if ! test -f $FB; then
  cp -np $F $FB
  echo ALL: ALL >> $F
fi
#-------------------------
# ufw ファイアーウォール
#-------------------------
F=/etc/ufw/ufw.conf
FB=${F}_`date "+%Y%m%d"`
if ! test -f $FB; then
  cp -np $F $FB
  echo ipv6=no >> $F
  echo y > /root/y.txt
  ufw enable < /root/y.txt
  ufw default DENY
  ufw allow 22
  ufw status
fi
#-------------------------
# ソフトウェア アップデート
#-------------------------
FB=/tmp/update.`date "+%Y%m%d"`
if ! test -f $FB; then
  touch $FB
  apt-get update
  apt-get -y upgrade
  apt-get -y dist-upgrade
fi
#-------------------------
# sudo パスワードきかれないようにする
#-------------------------
F=/etc/sudoers
FB=${F}_`date "+%Y%m%d"`
ADM=yamada
if ! test -f $FB; then
  cp -np $F $FB
  echo $ADM ALL=NOPASSWD:ALL >> $F
fi
#-------------------------
# cron 時刻合わせ
#-------------------------
F=/var/spool/cron/crontabs/root
FB=/root/crontab.`date "+%Y%m%d"`
if ! test -f $FB; then
  apt -y install ntpdate
  test -f $F && cp -np $F $FB
  touch $FB
  echo "1 * * * * /usr/sbin/ntpdate -b ntp.nict.jp ntp.jst.mfeed.ad.jp > /tmp/ntpdate.log 2>&1" >> $F
  /usr/sbin/ntpdate -b ntp.nict.jp ntp.jst.mfeed.ad.jp
  hwclock -w
fi
ここまで

sh -x install.sh |& tee install.log

再起動
shutdown -r now

XRDP(windowsからRDP接続)

# apt install -y xrdp

XRDPの通信を許可する
# ufw allow 3389

# cp -ip /etc/X11/Xwrapper.config /etc/X11/Xwrapper.config_`date "+%Y%m%d"`
# vi /etc/X11/Xwrapper.config
以下に修正
#allowed_users=console
allowed_users=anybody


WindowsのRDPでubuntuのIPを指定します。


色を16bitにします。


ユーザとパスワードを入力。

2回ログインに失敗しますが、3回目に成功します。


キャンセル


左上メニューのアクティビティからアプリを起動できます。
FireFoxが全画面で立ち上がりましたが、タイトルバーをダブルクリックすると通常ウインドウになります。
RDPを切断して別PCから接続すると同じセッションに接続できます!


右上のアイコンからシステムの設定画面を開きます。


ブランクスクリーンをしないにします。


設定>プライバシー>画面ロック>自動画面ロックをオフ

RDP先とRDP元のコピペ OK
日本語入力 OK


Google日本語入力(Mozc)になっている。


RDPを切断
別のPCから同じセッションに接続できました。

元のRDPを動かしたまま別のPCから同じセッションに接続できました。
元のRDPは切断されます。(Windowsと同じ動き)

Chromium(Chrome)


ソフトウェアセンターを開きます。


chromiumを検索します。


インストールします。


パスワードを入力します。

gFTP


gFTPをインストールします。


起動できました。

Wine, Winetricks


WineとWinetricksをインストールします。

You are using a 64-bit WINEPREFIX. Note that many verbs only install 32-bit versions of packages. If you encounter problems, please retest in a clean 32-bit WINEPREFIX before reporting a bug.


OK


No


OK


DLLのインストール OK



.NETやVB,VCランタイムなどがインストールできます。

LinuxBrew(HomeBrew)パッケージマネージャ

参考ページ http://linuxbrew.sh/
brewはrootではインストールできない。<br>
$ vi brew.sh
以下を入力
sudo apt-get install -y build-essential curl git m4 ruby texinfo libbz2-dev libcurl4-openssl-dev libexpat-dev libncurses-dev zlib1g-dev gettext
sh -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Linuxbrew/install/master/install.sh)"
test -d ~/.linuxbrew && PATH="$HOME/.linuxbrew/bin:$HOME/.linuxbrew/sbin:$PATH"
test -d /home/linuxbrew/.linuxbrew && PATH="/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin:/home/linuxbrew/.linuxbrew/sbin:$PATH"
test -r ~/.bash_profile && echo "export PATH='$(brew --prefix)/bin:$(brew --prefix)/sbin'":'"$PATH"' >>~/.bash_profile
ここまで

$ source brew.sh | tee brew.log

GCC(brew)

$ brew install gcc
/home/linuxbrew/.linuxbrew/Cellar/gcc/5.4.0: 1,352 files, 164.2MB
$ gcc --version
gcc (Homebrew gcc 5.4.0) 5.4.0

トラブルシューティング


原因および影響不明の問題。キャンセル

ログの参照 
# tail /var/log/xrdp-sesman.log

XRDPの再起動
# service xrdp restart

Xサーバの再起動
# shutdown -r now