TOP ▲ itcore TOP TIPS

Ubuntu Server 16.04 LTS インストール | itcore 2016

ダウンロード 事前準備 インストール 初期設定 VMWare自動起動 VMWaretools

ダウンロード

ubuntuサイトから自分のPCへダウンロードする。

ubuntu-16.04-server-amd64.iso

VMWareの場合、ホストサーバのストレージにアップロードする。
ホスト>構成>ストレージ>対象ディスク(右クリック)>データストアの参照


isoディレクトリを作成して、その下にアップロードする。

事前準備

インストールを始める前に以下の情報を準備する。

・インストール先のサーバ情報(VMwareアカウントなど)
・ホスト名
・リソース量(CPUコア数、メモリサイズ、DISK容量 OS,DATA)
・IPアドレス(プライベート、グローバル)
・管理者用のアカウントとパスワード

インストール

VMware仮想サーバとして作成する。


ホスト名を指定する。


インストールするストレージを選択する。


OSの種類を選択する。


NICを割り当てる。


シンプロでディスクを割り当てる。


設定の編集。


必要があればメモリサイズとCPUコア数を変更する。
CD/DVDでisoファイルを選択して、パワーオン時に接続する。


作成したゲストOSを右クリックしてコンソールを開く。


プレイボタンを押してゲストOSを起動する。


ゲストOSの画面をクリックするとマウスとキーボードの制御がゲストOSへ移る
矢印キーで言語を選ぶ。
「CTRL+ALT」でマウスとキーボードの制御が操作PCに戻る。


ubuntuを新たにインストールする。


日本語のまま進めて問題ない。


場所の確認。


キーボード言語の確認。


キーボードレイアウトの確認。


DHCPのIPは使わない


手動で設定する。


IPアドレスを設定する。


既に存在していないか確認する。コマンドプロンプトより ping -t 10.0.0.24
サーバが稼働するまで動かしておく。止めるときはCTRL+C


GWアドレスを設定する。


DNSを設定する。
ここではGoogleのDNSサーバを設定しています。サーバを移設した時に変更が不用なので便利です。


次へ進むとpingが通るようになる。


ホスト名を設定する。


ドメインを設定する。


管理者アカウントを設定する。


ユーザ名も同じで良い。


パスワードを設定する。


2回目の入力はパスワードを表示させると間違いないかも。(近くに人がいる時は注意)


ファイルの暗号化はしない。


タイムゾーンの確認。


ディスクのパーティショニングはディスク全体を使う。
LVMにするとカーネル自動アップデートで/bootが100%になってしまう。(その場合は古いカーネルを削除する)


ディスクの選択。


最終確認。


インストールが始まります。


プロキシサーバの設定。


セキュリティアップデートは自動で行う。


sshを追加する。


GRUBブートローダのインストール。


インストール完了。


サーバが起動されてログイン画面が出る。


sshでログインする。IPアドレスを指定


初めてのアクセスなのでホスト鍵を保存する。


ユーザ名とパスワードを入力。


サーバへログインできた。


VMWareからisoイメージを外しておく。ゲストOSを右クリックして設定の編集。
isoをマウントしたままだとエクスポートするときにisoイメージも含まれてしまうため。

初期設定(IP制限、FW、sudo、アップデート、時刻など)

必要に応じて修正してください。管理者アカウントなど。

# sshより実行
sudo -s
# パスワードを入力

vi install.sh
# 以下をコピペして、install.shへ保存する。

# 設定シェルの実行(最後にサーバを再起動します)
sh -x install.sh |& tee install.log

# 再度ログインしてログの確認
ssh 10.0.0.24
more install.log

# rootにパスワードを設定しておきます。
passwd root

VMWare 自動起動

# ホスト>構成>仮想マシン起動/シャットダウン>プロパティ


# 対象のサーバを選択して、上へボタンで自動起動を設定する。

VMWare tools

Ubuntu 16.04LTSでは、open-vm-toolsが標準で入っているので、VMWare toolsをインストールする必要がない。


VMWare toolsのインストール 今回はopen-vm-toolsを使うので以下は不要 参考情報

# 古いバージョンのUbuntuをVMwareで稼働させている場合は、VMWare toolsをインストールする。
# サーバを稼働させた状態で、コンソールから、仮想マシン>ゲスト>VMware Toolsのインストール/アップグレード


# 対話フォーマットでOK


# sshでログインする。
ssh 10.0.0.24
sudo -s

# 設定用のシェル作成
vi vmtools.sh
# 以下をコピペ
mkdir -p /mnt/cdrom
mount -r /dev/cdrom /mnt/cdrom
ls /mnt/cdrom
cp /mnt/cdrom/VMwareTools-9.4.5-1598834.tar.gz /tmp
umount /mnt/cdrom/
cd /tmp
tar zxvf VMwareTools-9.4.5-1598834.tar.gz
cd vmware-tools-distrib/
./vmware-install.pl

# シェルを実行する。
sh -x vmtools.sh

# 以前のubuntuではすべてyesで良い。
# ubuntu16.04LTSでは、すべてyesyではうまくいかない。
# 既存のopen-vm-toolsを置き換えないとうまくインストールできないか。(未実行)
open-vm-tools are installed on this system. Do you want to continue a minimal
installation of VMware tools? Otherwise the packages open-vm-tools need to be
removed. [yes] no

Do you want the installer to remove these packages now? Answer 'yes' to remove,
or 'no' to exit.
# ここでremoveとすればopen-vm-toolsが削除されるが、ここで中止。

# VMware toolsのバージョン確認 /usr/bin/vmware-toolbox-cmd -v
# サーバを再起動する。
shutdown -r now